キッズのわきが対策対策は?オペレーションをしなくても簡単にケアできる対策

キッズのわきが対策対策は?オペレーションをしなくても簡単にケアできる対策

キッズのわきが対策対策は?オペレーションをしなくても簡単にケアできる対策

 

 

ちびっこのワキガをなんとかしてあげたい!

 

ワキガの原因であるアポクリン汗腺は、思春期頃に稽古・活性化する。

 

従ってワキガのニオイの発生は思春期以降とい言われていました。

 

ただし、近年では食べ物の西洋化などでちびっこの肉体的な稽古が早くなった事でワキガの発生も早くなっています。

 

低学年でもワキガが発生する事も珍しくないようです。

 

 

ワキガは遺伝する

 

 

 

両親の片側がワキガの場合は50百分比、両親がワキガの場合は80百分比以上の確率で遺伝する。

 

もし、どちらかの両親若しくは、両方の両親ワキガの場合は、ちびっこにも遺伝する比率があるという事をしっかりと把握しましょう。

 

その上で、しっかりとちびっこにもケアをしてあげる事が大切です。

 

 

ワキガはいじめの要因にもなる

 

西洋ではワキガマンネリの人間は80百分比、黒人では90百分比と言われています。

 

また、海外では、ワキガのニオイは「十人十色のキャラクター」「フェロモン」と思われています。

 

その為、ワキガのニオイが”クサイ”というキモチがありません。

 

それに比べて国内は10百分比〜20百分比と確率が低い結果、どうしてもワキガは「クサイ」と先入観を持って仕舞う事が多いのです。

 

こういう先入観がちびっこであれば、尚更、いじめの要因に向かう事もあります。

 

成人であれば、ワキガの位置付けも理解していますし、人から「クサイ」と言われたら、改革しようとできます。

 

ただし、ちびっこはなぜクサイと言われているのか思い付か事が多いので、用語のいじめで登校拒否に向かう事もあります。

 

また、ちびっこは単純にワキガはクサイ。という件から”不潔にしている”というニュアンスを持たれてしまう。

 

ワキガはマンネリなのですが、ちびっこにそれを理解済ませろと言ってもなかなか難しいものがあります。

 

 

ちびっこがワキガだと気づいても優しく見入る物情愛

 

自分のちびっこがワキガだと気づいたら、父兄としては異議して無理やりでもデオドラント一品などを使わせしまう。

 

ただし、父兄が過敏に一致してしまうと、ちびっこはもっとニオイに過敏になる。

 

これでは、学校で「クサイ!」っといじめられる感じ状況になるよね。

 

ちびっこがワキガだと分かっても、ちびっこ自身が勘づくまでは優しく見守ってあげましょう!

 

少しでもニオイを抑えられるように、洗濯に消臭効果が高い洗剤を使ったり、ちびっこがウェアを羽織る前に消臭スプレーを掛けてあげたりして、カバーをするのが良いでしょう。

 

ちびっこが「本人はワキガかも」と相談してきた際に、しっかりと指標出来るように智を貯めておく事をオススメします。

ホーム RSS購読 サイトマップ