わきがケア・多汗症の撤廃施策

わきがケア・多汗症の撤廃施策

わきがケア・多汗症の撤廃施策

わきがの治療方法

 

わきがには様々な治療方法があります。

 

有効成分がある効果的なデオドラント小物を使用するか、ニオイの原因となるアポクリン汗腺を省く施術があります。

 

わきがの根本的な原因であるアポクリン汗腺を省くのが一番なのですが、その場合はオペに変わる結果、ためらう方も多いと思います。

 

ただし、オペする前に自分にあったわきが治療をする事が大切です。

 

近頃、わきが治療を受ける場合は、肌科やビューティー外科になります。

 

クリニックの場合は保険適用、ビューティー外科の場合は保険は選択になりません。

 

わきが手当てやオペ施術をご紹介します。

 

オペの施術

 

切開皮弁法/剪除法(せんじょほう)

 

ワキの下の汗腺や皮脂腺、毛根を医師が直視して臭いの原因となるアポクリン汗腺を1つ1つ丁寧に省く施術だ。
そのため、アポクリン汗腺を省くこ とで、多汗症をも直すことができます。
アポクリン汗腺は、一度除去すると実装する事はありませんので臭い、多汗共に再発の恐れはほとんどありません。

 

非にらめっこ底オペ法

 

ワキの下にちっちゃな罠を開け、そこから細い管(カニューレ)を通してアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺をかき出しながら吸い取ります。
傷口は目立たなく剪除法より広いレンジに手立てできますが、アポクリン腺の至高排除は困難なことが多くアポクリン腺の根のスポットが残っていると再発するケー。

 

電気凝固法

 

ワキの毛孔に電気針を刺し、そこに高周波電流を通してワキの脱毛、アポクリン腺と皮脂腺の不幸を行います。ワキガの手当てと脱毛を一緒にできます。

 

ボツリヌストキシン注射

 

Aクラスボツリヌス不純物を中心成分とした製剤が気になる脇の汗の分泌を軽減する効果があります。
脇の下の肌一切に注射することで、汗の本数が軽減されます。手当ても10取り分くらいで終わり、傷跡も残らず、即日からシャワーや入浴も可能です。

 

 

わきがの治療

 

わきが手当てには内服薬と外用薬があります。

 

薬とは、厚生労働省の承認が必要で、薬事法の選択を頂けるものだけが薬だ。

 

ただ、わきがの完治させる薬は存在しません。

 

標準、病舎で処方される外用薬は塩化アルミニウム液になります。

 

一方で内服薬は、臭化プロバンテリン・抗コリン剤などがあります。

 

治療は、根本的にわきがを完治させるのでなく、ニオイの原因である汗の本数を燃やす事でわきがのニオイを軽減させます。

 

 

わきが手当てで知っておきたい箇所

 

わきがは、遺伝・食事・プレッシャー・元気階級など複数の要素が重なってニオイが発生します。

 

自分がわきがだと思っていても、本当は違かったという事も多くあります。

 

その為、わきが手当てを立ち向かう前には、考え的理解でなく客観的な理解が大切になります。

 

ただし、親子や知り合いに「自身ってわきが?」なんて聞きづらいですよね。

 

その場合は、保険適用の病舎や、ビューティー外科などに足を運び判断してもらう事をオススメします。

ホーム RSS購読 サイトマップ